省エネルギーや未利用エネルギーの有効活用など「脱炭素社会」の到来に向けて、パワーエレクトロニクスや太陽電池などの
先進テクノロジーから未来のマテリアルサイエンスまで、産官学それぞれの視点から「未来への挑戦」を語ります。

事前申込制・参加無料・定員600名

■日時 2017年11月27日(月) 13:00〜17:00(12:30開場)
■会場 日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル3F)
<Googleマップ>
■主催 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
日本経済新聞社
■協力 公益社団法人 関西経済連合会
公益財団法人 関西文化学術研究都市推進機構
公益財団法人 奈良先端科学技術大学院大学支援財団
■お問い合わせ

奈良先端大東京フォーラム事務局(日本経済新聞社内)
TEL.06-7639-6632 

 

お申し込み受付を終了いたしました

プログラム

12:30〜 受付・開場  
13:00〜13:10 主催者挨拶 奈良先端科学技術大学院大学長 横矢 直和
13:10〜14:00 基調講演  
  大阪大学WP I 免疫学フロンティア研究センター拠点長・教授 審良 静男 氏

「技術を社会へ」
国立研究開発法人産業技術総合研究所 理事長
中鉢 良治 氏(ちゅうばち りょうじ)

<プロフィール>
東北大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)、1977年ソニー株式会社入社、記録メディアの開発等に従事。2005年同社取締役・代表執行役社長兼エレクトロニクスCEO、2009年取締役・代表執行役副会長。2013年独立行政法人産業技術総合研究所理事長、2015年から現職。総合科学技術会議有識者議員、東日本大震災復興構想会議議員等を歴任。
14:00〜14:30 特別講演
  奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授 河合 太郎 氏

「脱炭素社会におけるハウスメーカーの戦略」
積水ハウス 常務執行役員・環境推進部長 兼 温暖化防止研究所長
石田 建一 氏(いしだ けんいち)

<プロフィール>
1985年、工学院大学建築学博士課程修了(工学博士)。同年、積水ハウス株式会社東京設計部入社。商品開発部課長、ICT推進部長を経て、2006年、温暖化防止研究所長就任。2011年より環境推進部長を兼任。2012年執行役員、2016年より常務執行役員。2001年には自邸で、(社)建築環境・省エネルギー機構、環境・省エネルギー住宅賞で、国土交通大臣賞を受賞
14:50〜16:50 特別セッション・パネルディスカッション 「イノベーションを先導するエネルギー材料の新潮流」
特別セッション
  奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 准教授 石田 靖雅 氏

「次世代エネルギーエレクトロニクスを牽引する新しい半導体材料」
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 教授
浦岡 行治(うらおか ゆきはる)

<プロフィール>
1985年豊橋技術科学大学大学院修士課程修了。同年松下電器産業株式会社半導体研究センターに入社。1994年博士(工学)。1999年4月奈良先端科学技術大学院大学・物質創成科学研究科助教授、2009年4月より現職。2008年JST/CREST「機能発現ナノシステムの創製」代表。応用物理学会フェロー。
  奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 准教授 西條 雄介 氏

「やわらかい熱電材料による革新的熱電変換素子の創出」
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 教授
中村 雅一(なかむら まさかず)

<プロフィール>
東レリサーチセンター、アトムテクノロジー研究体、千葉大学大学院工学研究科准教授、奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科特任教授を経て、2015年より現職。自然科学研究機構分子科学研究所客員教授、日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会委員、応用物理学会理事。
  奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授 新藏 礼子 氏

「新しい有機エレクトロニクス材料の創成に向けた
グラフェンナノリボン合成戦略」

奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 教授
山田 容子(やまだ ひろこ)

<プロフィール>
1987年京都大学理学部卒業。1992年同大学院理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)取得。博士研究員。株式会社日本チバガイギー勤務等を経て2003年愛媛大学理学部助教授。2011年奈良先端大に異動し2012年より現職。2006〜2010年JSTさきがけ研究者兼任、2010〜2017年JST CREST研究代表兼任。
  日経BP社 特命編集委員 Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満 氏

「光エネルギーを貯蔵・変換する高感度分子材料の提案」
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 副研究科長 教授
河合 壯(かわい つよし)

<プロフィール>
1989年8月 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程応用化学専攻 中途退学。同年9月 大阪大学 助手(工学部電子工学科)。1998年4月 九州大学 大学院工学研究科 助教授 (物質創造工学専攻)。1999年4月 九州大学 大学院工学研究院 助教授(応用化学部門)。2004年3月 奈良先端科学技術大学院大学 教授。
  パネルディスカッション
   

積水ハウス 常務執行役員・環境推進部長 兼 温暖化防止研究所長 石田 建一氏
奈良先端科学技術大学院大学 浦岡 行治 中村 雅一 山田 容子 河合 壯

  日経BP社 特命編集委員 Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満 氏

<セッションコーディネーター>

日経BPクリーンテック研究所 主席研究員
藤堂 安人 氏(とうどう やすと)

<プロフィール>
1981年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、日経ニューマテリアル記者、1997年日経メカニカル編集長を経て、2003年電子機械局長、2004年執行役員に就任。新素材、ものづくりなどの技術分野の編集業務を担当してきた。現在は日経BP総合研究所クリーンテック研究所にて、エネルギー、スマートシティ分野の取材・調査活動を行っている。
adobe reader
PDFファイルをご覧いただくにはアドビ・リーダーが必要です。
アドビ・リーダーは無料でダウンロードいただけます。
*アドビリーダーは米国のアドビ・システムズ社の登録商標です。
※講師および講演タイトルは予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。