紙上百科 関西不動産物件情報
投資物件から戸建物件まで・・・不動産総合情報サイト
不動産投資インフォノート
#繋がりたいプロフェッショナル


#繋がりたい
プロフェッショナル

  • 担当者近影
  • アーバンライフ住宅販売株式会社
    営業推進センター チーフコンサルタント
    宮西 安広(みやにし やすひろ)
    宅地建物取引士
    2級ファイナンシャル・プランニング技能士
    賃貸不動産経営管理士
    相続支援コンサルタント
    ●大阪府出身
    ●不動産業界歴:33年
    ●売買仲介、賃貸管理、事業用不動産の仲介を経て、現在は賃貸オーナー様・資産家様の賃貸経営、相続対策などのコンサルティング、各種セミナーの企画・運営・講師を行う。


  •  

    #アーバンライフ住宅販売 #三菱地所グループ
    弊社が創業から大切にしている想いは「常に紳士であれ」「お客様のことを第一に考える」「地域でのアーバンファンを増やしていく」ことです。それを実現するために京阪神に広がるネットワークをフル活用し、新築分譲マンションから不動産の売買、賃貸、管理、リフォームや資産活用まで様々なご要望に応える「ワンストップサービス」を展開しています。 昨年より「三菱地所グループ」の一員となり、さらに幅広い分野で、高品質なサービスをご提供してまいります。

    企業イメージ

    #激変する賃貸市場
    投資や相続対策のために賃貸不動産を所有されている方は多いと思いますが、賃貸を取り巻く環境は大きく変化しております。「人口減少」「高齢化」「借主ニーズの変化」「IoT」「民法改正」「外国人の増加」「シェアリング市場の拡大」など、様々なキーワードがありますが、総じて言えることは「今までと同じ方法では賃貸経営は厳しい」ということです。
    「家主業から賃貸オーナー業への転換」、つまりオーナー様は「経営者」であり、最新情報を取り入れながら賃貸経営することが求められます。キャシュフローの改善や投資計画、次世代への資産承継など、様々な課題解決のために弊社は皆様の良きアドバイザーとなることを目指します。


    #二代目塾 #相続対策セミナー
    現在弊社では、オーナー様の後継者同士が集まり賃貸経営を勉強する「二代目塾」や、相続に関する知識を幅広く学んでいただく「相続対策セミナー」を開催しております。詳しくは下記のホームページをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

    【セミナーのご案内】https://www.urbanlife-jh.co.jp/seminar/

     

    アーバンライフ住宅販売株式会社
    https://www.urbanlife-jh.co.jp/

     

  • 担当者近影
  • 三井住友トラスト不動産株式会社
    近畿圏情報営業部 部長
    乾 裕之(いぬい ひろゆき)
    年令 53歳
    出身 大阪市
    入社 平成元年4月
    家族 妻・子供2人
    趣味 ゴルフ・料理

  •  

    #三井住友トラスト不動産
    私ども、三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。土地・一戸建て・マン ション等居住用不動産の売却や購入だけでなく、投資用・事業用の不動産に至るまで、不動産流通にかかわ る各種サービスを提供しております。また、三井住友信託銀行との連携により、資産の運用や住宅ローンのご提案、相続・遺言のご相談などのサポート体制を確立しています。

    #不動産市況(近畿圏/2019年8月)
    近年の都心部の地価は、2012年からのアベノミクスによる景気拡大、外国人観光客増加等により、ホテル及びオフィスビル、タワーマンション建設等の土地需要が増え、現在も緩やかに地価上昇が継続していると思われますが、郊外の住宅地・ニュータウンの地価は比較的安定して推移しているように思われます。
    一方で、取引が好調であった一棟収益マンションなどの事業用投資不動産は、昨年からの金融機関の融資基準の見直し等により、一部で取引量が鈍化し始めています。
    今後、10月から予定される消費税10%へ引き上げの影響や世界情勢の不安要素がある一方、2020年東京オリンピック、2025年大阪関西万博も景気への効果が期待されおり、この地価の緩やかな上昇傾向が継続する可能性が高いと考えます。

     

    トラストさん画像

    当社では、三井住友信託銀行グループならではの総合力でお客様の多種多様なニーズにお応えし、お客様にご満足いただけますよう努めてまいります。皆様からのご相談をお待ちしています。

    三井住友トラスト不動産株式会社
    https://smtrc.jp/

     

  • 担当者近影
  • みずほ不動産販売
    執行役員 西日本第三ブロック長
    新納 博之(にいろ ひろゆき)

  •  

    #みずほ不動産販売
    私ども、みずほ不動産販売は、みずほフィナンシャルグループの不動産仲介会社です。不動産売買仲介業務や有効活用の提案等、あらゆる不動産ニーズにお応えし、お客さま第一主義を基本として、深い満足と感動につながるサービスとソリューションの提供を行っています。 現在(2019年6月)の市況は、昨年度からの金融機関の投資用不動産を中心とした不動産融資の厳格化、消極化が顕著になってきており、不動産を取り巻く環境も大きく変わってきています。

    #神戸

    神戸イメージ

    私の管轄する神戸エリアでは、商業地は阪急やJR三ノ宮駅ビル等の開発やその他複数の大規模開発、また、JR芦屋駅や西宮駅でも再開発が計画されており、その期待感から一部分では高値での取引きがみられるものの、全体的な動向としては安定しています。なお、物件の枯渇感もあり獲得競争から継続して価格上昇への期待があります。

    また、住宅地の動向としては、マンション・戸建分譲ともに新規開発物件は少なく、人気エリアの駅近物件や再開発予定地域、その周辺地域の価格は上昇傾向にあるが、それ以外の地域では一服感がみられています。また、中古マンションにおいては、三宮などの中心部ではタワーマンションなどの建設を規制する方針で2020年度に法施行を予定しており、既存のタワーマンションなど中心部の好立地物件についての価格は上昇傾向がみられましたが、周辺部の物件においては成約期間の長期化や価格の下落傾向がみられており、今後の動向としては価格の高止まりからの横ばい、周辺部は横ばいから下落傾向との予想もされています。

    こういう環境下では、物件や地域(郊外と駅周辺とか)による市場性の違いが際立ちやすくなっており、二極化が起こりやすくなります。築年が進行した賃貸ビル・アパート等をお持ちの方々から、ご売却のタイミングや建て替えのご相談を承る機会が増えており、今後の収益面・価格面だけでなく、税制やご相続・資産運用等を含めた総合的なコンサルティングを提供させていただき大変喜ばれております。簡単な不動産診断システムもご提供しておりますので、まずはお気軽にご活用ください。もちろん、ご相談はすべて無料です。

     

    当社では、きめ細かい提案力とともに充実したコンプライアンス態勢のもと、お客さまの頼れるパートナーとして、ニーズに合ったご提案や情報提供ができるよう努めております。皆様からのご相談をお待ちしております。

    みずほ不動産販売株式会社
    https://www.mizuho-re.co.jp/index.html